FANDOM



エージェント47(Agent 47)は高度な訓練を受けた暗殺者で、ザ・ヒットマンミスター47あるいはただ単に47と呼ばれることもある。常に世界で最も危険な殺し屋と目され続け、その用心深さや殺しの技術は他の追従を許さない。

47は、 オットー・ヴォルフガング・オルトマイヤーが47番目に創造したクローン人間。

経歴編集

誕生以前編集

エージェント47は、数十年に及ぶ遺伝子増強の秘密研究の結晶であり、遺伝改良された最高の暗殺者である。彼の創造にあたっては、犯罪の黒幕5人が資金を出しあっただけでなく、彼ら自身のDNAもこのプロジェクトに提供された。

1950年代、オットー・ヴォルフガング・オルトマイヤーリー・ホン、パブロ・オシェ、フランツ・フックス、アルカディフ・ジェゴロフという国籍の違う5人の男がフランス外人部隊の同じ部門に入隊した。退役後、オルトマイヤーは遺伝実験をするための隠れ蓑として、ルーマニアに精神病院を設立。一方、他の4人は、巨大な犯罪組織のトップやテロリストとなった。オルトマイヤーは、実験研究の資金援助を軍人仲間4人から受ける見返りとして、製造したクローン人間から取り出したドナー臓器を彼らに提供することにした。提供されたドナー臓器によって彼らの寿命が延びる可能性があったからだ。実際、犯罪王やテロリストとして暗躍する彼らは皆60歳代にもかかわらず、一様に歳よりかなり若く見えた。

オルトマイヤーの研究目標とは、人間として可能な限り強靭な体を有し、献身と絶対的忠誠を持って命令に服従できる「完全な」暗殺者を創造することだった。オルトマイヤーは47を製造する前に、研究成果を発表しようとした。しかし、同じ分野の研究者らは彼の急進的な理論を狂気じみていると見なし、彼を科学者として信用しようとはしなかった。

誕生~幼年期 編集

Agent 47 Barcode.png

エージェント47のバーコード

47は1964年9月5日、ルーマニアにあるオルトマイヤーの精神病院で「誕生」した。後頭部には640509-040147という番号の刺青が彫られている(最初の「64-05-09」という番号は彼の生年月日であり、また「04」はシリーズIVを意味し、「01」は彼の階級を表している。また「47」は47番目に製造されたクローン人間であるからだが、そのまま彼の名前としても使われている)。さらに数年後には、当時技術的に利用が可能になったUPCコードも加えられた。

ともかく、オルトマイヤーは47について、数百あるいは数千の実験例の中でも、遺伝子的に完璧に成功した例と考え、他のクローンよりも若干思い入れが強い。そのためか、47はほとんど普通の子供のように育てられた。

5歳から7歳の47はおとなしい子供で、人との交流に興味をほとんど見せなかった。彼が唯一愛着を感じたものは研究室から逃げ出してきたウサギで、1970年8月21日に自分のペットにした。ただ、オルトマイヤーはそれを快くは思っていなかった。ウサギは1972年5月2日に死んだ。その時、オルトマイヤーは47が泣いているのに気が付いて驚きを感じた。それまで、彼の製造したクローン人間が泣くところを見たことがなかったからだ。それから5年後、47は再び、ペット用のマウスに愛情を示すようになった。彼はそのマウスが他のクローン人間による残酷な悪ふざけで殺されるまでの約1カ月間、それを大切に飼育した。

青年期編集

47は1977年、シリーズ6に属する他のクローン人間からいじめを受けた。47と相手のクローンは共に12歳。47は、オルトマイヤーが友人や同僚のために開いたキックボクシング大会を観戦した後、このクローンの顔を便器の中に突っ込み、窒息死させると、息の絶えたクローンの顔をそのまま便器の水の中に沈めた。そして、精神病院を脱走するための準備を整える。まず、窓台やほうきの切れ端でファイバー・ワイヤーを作り出し、誰にも気づかれないで抜け出すためにドアの蝶番にオイルをぬってきしむ音を止め、病院のゲートを飛び越える前に番犬を殺すための弓矢を隠した。

47はヒッチハイクをしてルーマニアのある町にたどり着くが、金銭を全く持っていなかった。そこではまず気づいたのは、高級衣料品店が並んでいることだった。その後、精神病院に勤務している一人の医師がバス停で47を見けるが、皮肉にも彼は47にホットケーキの朝食をごちそうしてしまう。さらに47に対して、シリーズ6のクローンを殺したのは正しいことで、上手くやり遂げたと褒めながらも、将来殺人を行うのはそう指示された時に限るべきだと忠告した。

13歳から23歳の間(1978‐1987)の47は、精神病院のスタッフとの関係が悪化し始めたが、それは日常的に繰り返される健診や頻繁に打たれる注射から生じる、慢性の不安感が原因だった。ある時、数本の針で医師を刺し続けたことがあった。そのため、オルトマイヤーは47に対する警備員を増員せざるを得なくなった。47は若いころから他のクローン人間とともに、効率的な殺人を遂行するために訓練を受けた。銃器や戦闘装備の使い方、武器なしでの戦闘、変装の仕方、さらには悪名高いファイバー・ワイヤーやW2000スナイパーなど、暗殺用としては定番となっているツールの使い方も学ぶ。彼は訓練中、その卓越した射撃術だけでなく、手作りのスリングショットで病院スタッフを攻撃することでも目立つようになった。もちろん、スリングショットはすぐに没収されたが……。また、退屈な時は射撃で的を撃ち抜いてスマイリー・フェイスのマークを描くこともあった。施設に閉じ込められたクローン人間たちは全て、普通の学校教科書を使って、外部の世界についての教育を十分受けていたが、この出来事は47がポップカルチャーに接していたことを示す少ない例の一つであろう。少年時代に受けた訓練の結果、彼はミッション中にどんな武器でも簡単に使いこなせるばかりか、ありふれた道具でさえ恐るべき正確さで即席の武器に変えて使うことできるようになった。

精神病院で過ごした最後の数年編集

1989年9月5日は47の25歳の誕生日で、本人が覚えていないというその日のことをオルトマイヤーは覚えていると日誌にさえ残している。そして、(47が彼の警備員の一人を殺し、それになりすました事実にもかかわらず)47の腕前を見て、47への訓練が完了したと結論付けた。

暗殺を請け負う地下組織「エージェンシー」による47の雇用がついに決まり、オルトマイヤーの企ては成功裏に終わる。47は2000年からエージェンシーのために働くことになり、オルトマイヤーは4人の旧友に対して、47だけを使うという特別な条件で暗殺請負契約を交わした。実は、ICA(エージェンシー)は1998年以来47に関心を示しており、47が働き口をこれほど早く見つけることができたのはそのためである。


プロモーション画像編集

ヒットマン:コードネーム47編集

The evolution of Hitman.png

ヒットマン2:サイレントアサシン編集

ヒットマン:コントラクト編集

ヒットマン:ブラッドマネー編集

ヒットマン アブソリューション編集

映画 ヒットマン編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki