FANDOM



エージェント47には遺伝上の5人の父親が存在するが、オルトマイヤー博士(Dr. Ort-Meyer)はその1人であるとともに、47の創造者でもある。さらに47に暗殺の技術を教え込んだのも彼だ。

性格編集

オルトマイヤーは、科学者仲間から気の狂った人物と思われていた。実際、彼はクライアントや友人だった人々に復讐する手段として、47を使うことも厭わない冷酷な男だった。しかし、コードネーム47の終わりでは、47が自分を撃ったことで心を引き裂かれたと語るなど、彼の創造物である エージェント47を愛しんでいたことをほのめかした。

背景編集

ヒットマン:コードネーム47編集

ミッション「トレーニング」では声だけで登場するオルトマイヤーは、彼の精神病院の地下階に47を案内して武器を取らせる。さらに、フィールドでそれらの正しい使い方を指導する。このような47 に対するオルトマイヤーの支援は、47が最終的に脱走を図って病院を去るまで続くことになる。オルトマイヤーはある時期、ある集団に属し、そのメンバー全員から採取した遺伝子サンプルを使って47というクローンの作成を計画したが、そのことはこのゲームの中で徐々に明らかにされていく。47の5人の父親は若い頃、同じ時期にフランス外人部隊に所属していたことがあり、その頃から交友関係が続いていた。コードネーム47の終盤、インターナショナル・コントラクト・エージェンシー(ICA)は一連の暗殺案件の全てについて、ある同一人物からの依頼であることに気が付く。そして、その人物とはオルトマイヤーだった。彼は戦友全ての死を見届けたのち、ICAに対して最後の暗殺を依頼した。ICAには戦争を起こしてならないという規則があり、オルトマイヤーの依頼は明らかにそれに反するものだったにもかかわらず、ICAは彼の権力のために受諾した。ICAから送り込まれた47は、ターゲットのコバックス博士を探し出す。実は、このミッションは47の知らないうちにオルトマイヤーが仕組んだものだった。

47はコバックスの顔を覚えていた。以前にコバックスから強制的に注射を打たれたことがあるからだ。コバックスは、クローン実験を取り仕切っていたのはオルトマイヤーだったと弁解する。その一方で、47の実行した全ての暗殺を陰で依頼していたオルトマイヤーは、47を抹殺するためにルーマニアの特別部隊を招集した。47はコバックスを暗殺すると、彼から奪った白衣を身に着けて、オルトマイヤーの殺害を目指す。そして、薬で意識が朦朧としていたエージェント・スミスを回復させると、スミスがオルトマイヤーの秘密研究室への行き方を教えてくれた。

オルトマイヤーはその秘密研究室に47がいることに気が付くと、47を創造したのが自分であることを47に明かした。そして47を始末するために、彼に忠実なクローン人間の一団を束縛から解放する。しかし、予想外にも47はクローンを皆殺しにしてしまった。これらのクローンは所詮、皆経験不足だったのだ。47はコード認識機のあるゲートを通り抜け、オルトマイヤーのいる研究室に突入する。オルトマイヤーは研究室にやってきた47を見ると、1人だけ生き残って47を殺したクローンだと勘違いをする。47の銃からオルトマイヤーに向けて弾丸が発射された刹那、オルトマイヤーの口からは「私は実の息子さえ見分けが付かなかったのだ」という最期の言葉が漏れた。47が自分の究極の創造物であり、もうクローン・モデルの必要性が無くなったとオルトマイヤーが気付く中、47はオルトマイヤーの首の骨を折り、とどめを刺した。

ヒットマン:コントラクト編集

コードネーム47の最終場面の直後が舞台となる最初のミッションの中で、オルトマイヤーは少しの間だけ登場する。ゲーム全体が過去のミッションに対する47の追想を軸にして展開するため、ゲームの中の場景が様変わりしているところもある。例えば、オルトマイヤーはコードネーム47の時とは異なり「白く虚ろな部屋」で殺される。

ルーマニアの特別部隊の襲撃にさらされている精神病院から脱出するため、47はコバックスのいたオフィスでオルトマイヤーの車のキーを手に入れる必要があった。キーはオルトマイヤーの体から見つけることができる。そして、特別部隊の衛兵がその車の周囲をパトロールしていることから、そのキーの盗難盗に備えてオルトマイヤーが自分のためにスペア―キーを作っていたにちがいないことが示唆される。彼の車は黒のセダンで、初代アウディA6に似ている。

このゲームの中でオルトマイヤー(Ort-Meyer)と言う名前のスペルが「Orthomeyer」に変更されている。

ヒットマン:ブラッドマネー編集

ミッション「カラスの殺害」の前に流れるシネマティックの中で、47がオルトマイヤー博士の首を折るシーンがある。「リック・ヘンダーソン」という字幕カットと「アレキサンダー・リーダンド・ケイン」という字幕カットの間に示された字幕カットで、オルトマイヤーのスペルが「Orthomeyer」に変更されている。

ヒットマン:アブソリューション編集

オルトマイヤーはアブソリューションに登場しないものの、ウォーレン・アシュフォード博士のビデオ・ログの中で彼のことが言及されている。アシュフォードはこのビデオログの中で、(後に遺伝子組み換え操作がなされていたことが明らかになった)ヴィクトリアの出来栄えについて、オルトマイヤーのクローンに匹敵すると語り、闇社会におけるオルトマイヤーの悪名が幾分示唆された。

ギャラリー編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki