FANDOM



ヒットマン2:サイレントアサシン(Hitman 2: Silent Assassin)ヒットマン のゲームシリーズの第2作目。ヒットマン:コントラクト はその次回作。 IO Interactiveが開発し、Eidos Interactiveによってプロデュースされたファーストパースン/サードパーソン・シューティングゲームだ。主人公は、殺しの世界ではかつて最高と目されていた有名な元暗殺者、エージェント47

ヒットマン:コードネーム47 の幕が下ろされた後、47が安全な逃避と安らぎを求めてイタリア・シシリア島に逃亡したところからストーリーが始まる。 47は懺悔をした直後、当地における最良の友人かつ最良の師であるヴィットリオ神父(Father Emilio Vittorio)がマフィアに誘拐されたことを知る。そして、恩師を救出するために引退生活から一時的に抜け出すことを決意。その後、ロシアや日本、ヌーリスターン州(アフガニスタン)、マレーシア、パンジャブ州(インド)など、世界各地を転々と旅しながら、エージェンシーからの請負契約をこなしていく。

ゲームプレイ編集

新機能編集

  • ファイバーワイヤーや双眼鏡、コンパスは、今回から47が常備する武器や機器となり、各ミッションの開始時に購入する必要がなくなった。さらにコンパスについては、オブジェクトではなくHUDの一部となった
  • レーティング:ミッション終了時には、ステルスアクションと 攻撃の評価が行われる。その結果、サイレントアサシンとの評価を獲得した場合、新しい武器がアンロックされる
  • 本作では、一般市民や衛兵、警官、VIP、ターゲットなど、AIの動きがマップにリアルタイムで表示される。さらにマップには、エレベーターやドア、階段、はしご、ICAのピックアップ・スポット、関心のあるポイントも示されており、マップを行き来する際に役立つ
  • 麻酔:新たに導入された武器。敵を殺す代わりに、短時間だけ鎮静状態に置ける
  • 武器によっては消音機能のついたバージョンもあり、それらを使えば衛兵に気が付かれることもない
  • 至近距離で敵に遭遇した場合、47は武器の台尻で敵を殴り倒すこともでき、これによって敵を殺さずに抑え込む方法が増えた
  • しゃがむ動作が追加され、47は背の低い物体の後ろにも隠れることができるようになる
  • 47は後ろ走りが出来きるようになり、動きについてはスムーズさや使い勝手が向上
  • 詳細な統計数字が各ミッション終了時に表示される。
  • フリー・ルック・ビューに代わり、ファーストパーソン・モードを採用
  • ボーラー:デュアルウェポンは一つの武器として扱われる
  • ドアの鍵口から覗くことが可能になる
  • 鍵の掛かったドアの錠を開けることが可能
  • 以前のミッションで集めた武器も次のミッションで使えるようになり、武器購入メニューがなくなる
  • ミッションによっては、ダイアナ47に話しかけ、そのミッション完了の手助けを行うこともある

削除された機能編集

  • 既に拳銃を持ちながら、別の拳銃を手にした時、二丁拳銃は最早デフォルト動作ではなくなる。ただ、デュアル・ハンドガン。グリッチでは依然として可能
  • 武器購入メニューはなくなったが、プレイヤーはその代わりに、以前の任務で取得したか、あるいはサイレントアサシン達成による武器授与で取得した武器やユーティリティを使うことができるようなる
  • フリールックの削除(代わりにファーストパーソン・モードを採用)

変更された機能編集

  • 走る動作をする場合、従来のゲームでは起動ボタンを押すことによって47を前方に走らせることができたが、本作品では方向ボタンを押すことが要求されるようになった

ストーリー編集

ファイル:Hitman2 Start.jpg
ゲーム導入部では、 セルゲイ・ザバロツコ(Sergei Zavorotko)と謎の男(Mystery Man)が貨物船の船上で、謎の男がロッテルダムで目撃した人物について話し合っている場面が映し出される。 彼らはオルトマイヤー博士のクローン研究室兼精神病院を訪問、施設内にいた者全てが死んでいることを発見する。さらに彼らが見つけた数本のビデオテープには、エージェント47が病院の守衛を絞殺した上で、死体をファイバーワイヤーで部屋の隅まで引きずっていくところや、他の守衛や用務員をショットガンで撃ち殺すところが録画されている。 謎の男はそのテープを見て、殺し屋はエージェント47以外考えられないと確信、そしてセルゲイは彼を雇うことを決断する。その後、二人は施設の建物を去る。

ミッション編集

  1. 聖域、ゴントラーノ(The Gontranno Sanctuary)
  2. 背教(Anathema)
  3. サンクトペテルスブルグにて(St. Petersburg Stakeout)
  4. キーロフ公園での会合(Kirov Park Meeting)
  5. 地下施設からの救出(Tubeway Torpedo)
  6. 招かれざる客(Invitation to a Party)
  7. ハヤモトを追え(Tracking Hayamoto)
  8. 隠し谷(Hidden Valley)
  9. 城への潜入(At the Gates)
  10. 将軍との対決(Shogun Showdown)
  11. 地階の殺人(Basement Killing)
  12. 夜間勤務(The Graveyard Shift)
  13. ジャグジー・ジョブ(The Jacuzzi Job)
  14. バザールの殺人(Murder at the Bazaar)
  15. 行軍要撃(The Motorcade Interception)
  16. 塹壕の鼠(Tunnel Rat)
  17. 奇襲の宗教都市(Temple City Ambush)
  18. ある女医の死(The Death of Hannelore)
  19. 終末看護(Terminal Hospitality)
  20. サンクトペテルスブルグの罠(St. Petersburg Revisited)
  21. 救済、ゴントラーノ(Redemption at Gontranno)

ターゲット編集

  • ドン・ジュゼッペ・ジュリアーニ(Giuseppe Guillani)
  • ロシア軍の将軍(Russian Army General)
  • マカロフ将軍(Makarov)
  • イゴール・クバスコ(Igor Kubasko)
  • ミハイル・バダチェンコ将軍(Mikhail Bardachenko)
  • ジュピコフ将軍(Vladimir Zhupikov)
  • エージェント スペツナズ(Spetsnaz Agent) (任意)
  • ハヤモト・マサヒロ(早元昌弘)の息子(Masahiro Hayamoto Jr.)
  • ハヤモト・マサヒロ(早元昌弘)(Masahiro Hayamoto)
  • シジャン(Brat Charliego Sidjan)
  • チャーリー・シジャン(Charlie Sidjan)
  • ムハンマド・アミン将軍(Mohammad Amin)
  • アーメド・ザヒール副官(Ahmed Zahir)
  • アブドゥル・マリク(Abdul Bismillah Malik)
  • ユセフ・フセイン(Yussef Hussein)
  • 暗殺者(Assassins)
  • Hannelore von Kamprad
  • Deewana Ji
  • セルゲイ・ザバロツコ(Sergei Zavorotko) (失敗)
  • エージェント17
  • セルゲイ・ザバロツコのボディガード
  • セルゲイ・ザバロツコ

VIP編集

  • ヴィットリオ神父(Emilio Vittorio) (AnathemaとRedemption at Gontranno)
  • セルゲイ・ザバロツコ(Sergei Zavorotko)
  • マカロフ将軍(Makarov)
  • ミハイル・バダチェンコ将軍(Mikhail Bardachenko)
  • ジュピコフ将軍(Vladimir Zhupikov)
  • ドイツ大使(German Ambassador)
  • システム管理者(System Administrator)
  • アフガン諜報員(Afghan Agency Contact)
  • 国連(United Nations)の兵士
  • インド諜報員(Indian Agency Contact)
  • エージェント スミス(Agent Smith)
  • The Death of Hanneloreの患者

その他のキャラクター編集

  • 謎の男(Mystery Man)
  • Gucci Guillani
  • Vitoan Guillani
  • レイ・リン(Lei Ling)

武器編集

銃器編集

近接武器編集

  • ファイバーワイヤー
  • キッチンナイフ
  • コンバットナイフ
  • メス(外科用)
  • ゴルフクラブ
  • 消火用斧
  • 麻酔

その他編集

  • 爆弾
  • 毒薬

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki