FANDOM



ヒットマン:コントラクト(Hitman: Contracts) は、ヒットマンシリーズの第3作目。 ヒットマン:コントラクト は、アクション性やサスペンス性がさらに高まったほか、完璧な殺人を実行する方法がより一層多彩になり、また銃器や接近戦用武器の数も増えている。

パリを舞台に始まる今回のゲームでは、エージェント47がいきなり窮地に追い込まれており、 シリーズ作品の中では最も息苦しい物語となることが約束されている。新たなグラフィック・エンジンによって、残忍な「仕事」が詳細に描かれるようなった一方で、新しいロケーションも生き生きと再現されている。また、コントロール・システムが向上し、これまでよりゆっくりと習熟できるようなったため、殺し屋を目指すすべてのプレイヤーにとって使いやすくなっている。

ストーリー編集

エージェント47ヒットマン:ブラッドマネー のオペラハウスでの任務を終え、パリ市内のホテルの自室に戻ろうしているところから物語が始まる。47はホテルに戻る途中、フランス警察の迎え撃ちに遭い、その銃弾が肝臓に命中。負傷した47はふらつきながらも自室にたどり着くと、ショックのあまり崩れるように倒れてしまう。そして、幻覚状態の中で過去のミッションが次々とフラッシュバックされていく。 (この作品はシリーズ第1作目のヒットマン:コードネーム47の出来事を直接再訪していくものではないが、コードネーム47 の後に続くヒットマンのストーリー展開におけるギャップのいくつかを埋めていくようになっており、またコードネーム47 のステージの大半がリマスターされ、ゲームの中に織り込まれている。)

最初のフラッシュバック「悲しみの終幕、苦悩の始まり(Asylum Aftermath)」では、エージェント47コードネーム47 の「計画(The Setup)」と 「兄弟との邂逅(Meet Your Brother)」に続く出来事に引き戻される。彼が オットー・ヴォルフガング・オルトマイヤーを殺害した後の精神病院は、その周りに防御線を敷いたルーマニアの特殊部隊に包囲される。そこでエージェント47は、患者たちに支配されていた病院を爆破。それに追い出されるように、患者の一人は高所を通る狭い通路から飛び降りて即死し、もう一人の患者は逃げようとした際、特殊機動部隊に向かって短機関銃で発砲したものの、結局殺される。一方、エージェント47は病院建物からこっそりと抜け出すことに何とか成功し、敷地に出る。そしてパトカーを奪って、病院施設のゲートを突破して脱出した。

ゲームプレイ 編集

IO Interactiveはヒットマン:コントラクト の中に新しい要素を組み込もうとはせず、むしろ前2作のコードネーム47 サイレントアサシン に導入されたコンセプトを洗練させる作品としてこのゲームを活用した。その結果、本作品ではターゲットを殺害するオプションが前の2作から大幅に増加した。 毒薬や破壊工作、狙撃など、シリーズのトレードマークとなってきた、ターゲット暗殺のオプションの多くがほぼ全てのステージに用意されており、ターゲットが確実に殺されうる方法が少なくとも3つ用意されている。中でも目立ったオプションとしては、寝ているターゲットを近くの枕で窒息死させることや、お茶に殺鼠剤を大量に混入すること、危険なほど高温のサウナ室に1人のターゲットを閉じ込めることなどが含まれている。

このゲームの試みとして、ターゲットを殺そうとする際に、一目を忍んで動き回ることや、変装の活用をほぼ差し控えることを希望するプレイヤーに対応することによって、ヒットマン シリーズのステルス性をより一層向上させることが重視されている。さらに、ミッションのエリアの多くには広いスペースがあり、さらにエリアによっては秘密の通路が隠されているため、エリアの一つ一つをうまく移動する方法が複数ある。

最後に、このゲームではAIが改良された。ミッション中に正体がばれてしまった場合、敵のAI ―すなわち、衛兵や警官― は単に、プレイヤーを見つけ、疲れさせ、排除しようとするのではなく、チーム一丸となって働いてプレイヤーの裏をかき、多勢で射撃する。つまり、戦闘状況が以前より一層危険になることを意味する。さらにAI同士のコミュニケーション能力が向上したため、プレイヤーによる不審行動は他の衛兵の警戒を促すことになる。その結果、プレイヤーは注意を引かずに逃亡したり、移動したりすることがこれまで以上に難しくなった。

ミッション編集

  1. 悲しみの終幕、苦悩の始まり(Asylum Aftermath)
  2. 狂乱と暗殺と(The Meat King's Party)
  3. 極寒の中で(The Bjarkhov Bomb)
  4. 殺しを愉しむ者に制裁を(Beldingford Manor)
  5. ロッテルダム、降るのは血と雨と(Rendezvous in Rotterdam)
  6. 核という名の緊張(Deadly Cargo)
  7. 取引のルール(Traditions of the Trade)
  8. 九龍の抗争(Slaying a Dragon)
  9. 抗争激化(The Wang Fou Incident)
  10. 中華料理店での虐殺(The Seafood Massacre)
  11. 潜入と暗殺(The Lee Hong Assassination)
  12. 狩る者、狩られる者(Hunter and Hunted)

本ゲームにおける12つのステージ全てのうち、昼間が舞台となっているのは1つしかない。また、雨が47の記憶の歪曲を示しているため、ほぼ全てのステージでは雨が降っている。

ターゲット編集

  • キャンベル・スタロック(通称:ミートキング)(Campbell Sturrock)
  • アンドレイ・プスクス(Andrei Puscus)
  • ファビアン・フックス(Fabian Fuchs)
  • セルゲイ・ビャーコフ(Sergei Bjarkhov)
  • ウィンストン・ベルディングフォード(Winston Beldingford)
  • アリスター・ベルディングフォード(Alistair Beldingford)
  • ラトガード・ヴァン・ルーヴァン(Rutgert Van Leuven)
  • Klaas Teller
  • ボリス・イヴァノヴィッチ・デルスカ(Boris Ivanovich Deruzhka)
  • フランツ・フックス(Frantz Fuchs)
  • Fritz Fuchs
  • 赤龍会の交渉人(Red Dragon Negotiator)
  • 青蓮会の使者(Blue Lotus Emissary)
  • 名のない6人の青蓮会(Blue Lotus Triad)メンバー
  • 香港警察の署長(Hong Kong Chief of Police)
  • 赤龍会の交渉人(Red Dragon Negotiator)
  • 青蓮会の使者(Blue Lotus Emissary)
  • リー・ホン(Lee Hong)
  • Philippe Berceuse (任務開始時に達成)
  • Richard Delahunt (任務開始時に達成)
  • アルバート・フルニエ警部(Albert Fournier)

VIP編集

  • The Girl (目的未達)
  • Giles Northcott
  • 青蓮会の使者(Blue Lotus Emissary)
  • エージェント スミス(Agent Smith)

他のキャラクター編集

  • エージェント 47(Agent 47)
  • オットー・ヴォルフガング・オルトマイヤー(Otto Wolfgang Ort-Meyer)
  • メイ・リン(Mei Ling)
  • Yurishka

武器編集

銃器編集

  • AMT ハードボーラー
  • GK17
  • CZ2000
  • SG220 .S
  • Gold Desert Eagle
  • Magnum 500
  • Micro Uzi
  • MP5 Sub-Machine Gun
  • AUG Sub-Machine Gun
  • MP9 Sub-Machine Gun
  • AK-74
  • M4 Carbine Assault Rifle
  • Enforcer Sniper Rifle
  • R93 Sniper Rifle
  • PGM Sniper Rifle
  • Dragunov Sniper Rifle
  • W2000スナイパーライフル
  • SPAS 12 Shotgun
  • Sawn Off Shotgun
  • Double-Barreled Shotgun
  • M60 Light Machine Gun
  • Mini Gun

近接兵器編集

動画編集

Hitman Contracts Trailer01:54

Hitman Contracts Trailer

ヒットマン:コントラクト 予告編動画

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki