FANDOM



レイ・リン(Lei Ling)は若い中国人娼婦。ヒットマン:コントラクト では「メイ・リン(Mei Ling)」という名で登場している。これはエージェント47のフラッシュバックの中では、彼女が「メイ・リン」として思い出されるためである。

登場するゲーム編集

ヒットマン:コードネーム47編集

彼女は黒のショートカットをしている。紫色をした小さめのシャツを着て、ウエストの部分をさらけ出している。スカートとハイヒールも紫色。そして官能的な体つきをしている。

ヒットマン2:サイレントアサシン編集

芸者がまとうような着物を短くして着ている。その色は今回も紫。さらに履いているハイヒールも紫だ。

ヒットマン:コントラクト編集

スパゲティ・ストラップで紫色のシャツを着て、胸元が大きくはだけている。ハイレギングスと紫色のハイヒール。さらに本作では声が変わった。また彼女の名前が「メイ・リン」に変わった

背景編集

ヒットマン:コードネーム47編集

レイ・リンは中国本土出身だが、誘拐された挙句に香港の赤龍会の娼婦になった。(「新人の女の子」と呼ばれるようになって)間もなくして、彼女は47に対して、赤龍会のリーダー、リー・ホンの金庫を開けるための組み合わせ数字を教える代わりに、売春宿から救出してくれるように説得する。そして助け出された際には、感謝の気持ちで47にキスをする。47にとってそれは初めてのキス体験だったが、彼の反応は嫌悪そのものだった。

ヒットマン2:サイレントアサシン編集

引退生活から抜け出して再び殺し屋として復帰した47は、マサヒロ・ハヤモトの暗殺を依頼される。そしてハヤモトを探し求めて彼の豪邸にたどり着くと、なんとそこにはレイ・リンがいた。彼女とは2度目の出会いだった。彼女はその時、ハヤモトの娼婦をしていた。彼女は47のことをよく覚えていたが、あえて彼を「トビアス・リーパー」という昔の偽名で呼んだ。この偽名は、47がレイを更生する前にリー・ホンの暗殺を依頼された時に使っていたものだった。47はレイが再び娼婦になっていたことに失望する。しかし、今回もやはり、ある暗証番号を教えてもらうこと交換条件に、彼女を助けることにした。彼女は「老いた金持ちのろくでなし」のハヤモトにうんざりしてところで、47と一緒にいたいとほのめかした。しかし、47は依然として感情的なつながりを感じることはなかった。そして、それ以来彼女が実際に姿を見せることはない。

ヒットマン:コントラクト 編集

コントラクトはゲーム中に47のフラッシュバックを盛り込んでおり、彼はレンをリー・ホンからどのようにして救ったかを覚えいる。また本作品においては、彼女のキスに対する47の反応は、客観的に見た困惑でしかない。

ギャラリー編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki