FANDOM



(現実世界のワルサーWA-2000とほぼ同一である)W2000スナイパーはKazo TRGと並ぶエージェント47が好んで使うスナイパーライフルである。他のライフルの使いにも慣れているのにも関わらず、ゲームでも小説でも47は好んでW2000を使用している。現実世界でこの銃はわりと珍しいものであり、高値で売買されている。

ヒットマン:コードネーム47編集

ヒットマン:コードネーム47 でこの銃は6ラウンドマガジンであり、ゲームスタート開始から購入することができる。本ゲームではWA2000と呼ばれている。

ヒットマン2:サイレントアサシン編集

ヒットマン2:サイレントアサシンHitman 2: Silent Assassin)でW2000は一度に一発の弾丸しか発射することができず、リロード時間も遅く、サプレッサーもついていない。 これらの不利な条件によって本ゲームで一番不便なライフル銃となっている。シングルショットスナイパーライフルであるにもかかわらず、マガジンは短くなっている。

ゴントラーノの小屋の武器コレクションにW2000を追加することでプレイヤーは、通常のファイバーワイヤーだけでなく、以前に集めた武器も使用してプレイすることができるようになる。

W2000カスタムライフル編集

W2000カスタムスナイパーはヒットマン2:サイレントアサシンに登場する特別なスナイパーライフルだ。その名の通り、この銃はカスタマイズバージョンとなっている。外見はW2000と全く同じだが、色は灰色でウッドトリム仕様となっており、高ズームと精度が可能な大きなスコープを搭載している。サプレッサーの下にはレーザーサイトのようなものも発見することができる。通常のW2000と違い、この銃は耐久性のあるサプレッサーが装着されており、2脚架はないが、マガジンキャパシティは10ラウンドである。

カスタムライフルはゲーム内で最もパフォーマンスの高いスナイパー銃である。これは唯一サイレントスコープが付いてくる武器であり(クロスボーはほとんど静かだが、近距離から発射すると敵に感づかれてしまう)、ダメージが高く、管理しやすい反動の上にマガジン許容量は大きい。

ヒットマン:コントラクト編集

ヒットマン:コントラクトHitman: Contracts)でライフルは6発の弾丸しか装備できないが、強力なスコープ、発射速度とサイレンサーも付いてくるのでバランスはとれている。この銃はブリーフケースに保管されている場合もある。残念ながらも、プレイヤーがゲームクリア後にメニューから選択して使用するとブリーフケースは付いてこない仕様となっている。

ヒットマン:ブラッドマネー編集

ヒットマン:ブラッドマネーHitman: Blood Money)の様々なアップグレードによってW2000をカスタマイズすることが可能であるため、シルバーボーラーと並ぶゲームで最も役に立つ武器の一つである。アップグレードは各レベル開始と当時に購入でき、これらのアップグレードはスコープやサウンドサプレッサーなどを含む。アップグレードの完全なリストはW2000スナイパーアップグレードを参照。これらのアップグレードにより、W2000はスナイパーにとってベストの武器と言える。(ボルトアクションアップグレードをインストールしない限り)ショット間の遅れはなく、フルオートとなっている。ライフルを解体することでW2000を隠すことができ、これによって侵入が容易になる。アップグレードがなくても、W2000はゲームで最も精度の高い武器である。 本ゲームでブレスホールド機能はついてこないが、すべてのスナイパーライフルはズームインすると「シェイク」するようになっている。軽量級フレームアップグレードによりW2000の問題を解決できる。


詳細編集

47が特定の体の場所に攻撃を当てる必要がある場合に選択するのがこのライフルであり、ハンドグリップとトリガープルが彼の射撃スタイルである。暗殺術のその他の重要な特徴と同じように、スナイピングは非常に重要である。これはスナイピングによって遠くにいる敵でも黙らせることが出来るからである。これによってセキュリティが高い場所でも侵入が容易になり、見つかる可能性も低くなる。この技術を習得する際によくある問題として、銃を持つ手の安定性が挙げられる。ほとんどの場合、例え47のようなプロのヒットマンでも、全く動かずに構えることは難しい。この問題の解決策として、47は狙いを定めるときにライフルの動きを止めたりするが、一番効果的な方法は狙いを定めるときにしゃがむことだ。この方法で静かにヘッドショットを決められるはずだ。

スナイピングでエリアにいるセキュリティパトロールの数を削ることもできるが、ミスター47は原則として出来る限り契約によって定められた標的以外の死傷者を出さないようにしている。しかし、このような戦術は隠密性を高めるため使わない手はない。ミスター47はスナイピング準備のためのいくつかの役立つ戦術を提案しているが、もしスナイパーの狙撃場所に自信がないなら、まずどの方向からも敵に見えていないことを確認しよう。狙いを定めて十字の中央に標的が来るようにしよう。こうすれば最頂点に達した時に標的の脳天に直接当たるはずだ。狙いを定めたら集中してトリガーを引こう。クリーンヒットが決まったらその場を静かに立ち去ろう。これでプレイヤーもプロのヒットマンだ。

アップグレード 編集

ヒットマン:ブラッドマネーでW2000スナイパーはカスタマイズできる5つの武器の内の一つである。アップグレードはマガジンキャパシティの倍増、ノイズの削減と精度の向上などを含む。

ギャラリー 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki